いつもさいたま西分校のホームページをご覧いただきありがとうございます。
さらに開かれた学校作りの一環として、良い記事や参考になった記事に
投票をお願いします。(投票するをクリックしてください)
皆様と一緒にさいたま西分校のホームページを作成していきたいと思います。

さいたま西分校ブログ

本日のさいたま西分校

卒業生進路講演会

本日、卒業生進路講演会を行いました。

今年はH29年度卒、現在理研計器株式会社に勤めている長沢祐太さん、H30年度卒、現在第一生命チャレンジド株式会社に勤めている中村竜己さんに講演していただきました。

パワーポイントを使いながら

①仕事について

②休日の過ごし方

③分校時代について

④自分の将来について

話をしていただきました。

質疑応答では、「仕事のやりがいは何ですか?」「入社当時に仕事に慣れないときはどうしましたか?」など、様々な質問があがりました。

どの質問に対しても、時に笑いを交えながら真摯に答えていただきました。

最後に後輩へのメッセージとして、『自分から動く、知は宝・武器、無知は恥、失敗から学ぶ』というお言葉をいただきました。

社会に出て活躍し、目標をもって働いている先輩方の様子や話を聞いて、生徒たちも卒業後の進路について改めて考えることができました。

3学期始業式

始業式が行われ、3学期がスタートしました。

今日のような寒い冬の朝、校長先生が思い出すとおっしゃった高村光太郎の詩を載せておきます。

 

『冬の奴

 冬の奴がかあんと響く嚏(くさめ(くしゃみ))をすると、
 思はず誰でもはつとして、
 海の潮まで一度に透きとほる。
 なるほど冬の奴はにべもない顔をして、
 がらん洞な空のまん中へぎりぎりと、
 狐色のゼムマイをまき上げる。
 冬の奴はしろじろとした算術の究理で、
 魂の弱さを追求し、追及し、
 どうにもかうにもならなくさせる。
 何気なく朝の新聞を読んでゐても、
 凍る爪さきに感ずるものは
 冬の奴の決心だ。
 ゆうべまでの心の風景なんか、
 てんで、皺くちやな蜃気楼。
 ああ、冬の奴がおれを打つ、おれを打つ。
 おれの面皮をはぐ。
 おれの身を棄てさせる。
 おれを粉粉にして雪でうづめる。
 冬の奴は、それから立てといふ。

 おれは、ようしと思ふ。』

 

3学期の寒い朝も、気合を入れて、暖かい布団から起き上がりましょう!

代表生徒の言葉

 三学期の抱負は二つあります。

 一つ目は、報告の仕方を気をつける事です。私はよく、手工芸や流通の授業で報告をすることを忘れてしまったり、報告する必要のない時に報告をしたり、報告のタイミングが悪かったことが多かったので、これからは正しい報告の仕方を意識します。

 二つ目は、三送会で有志の贈り物を発表できるようにすることです。理由は、みんなが好きな曲を伴奏して、盛り上げたいからです。また、昨年卒業した先輩に昨年の三送会の後に「すてきな伴奏ありがとう」と言われてうれしかったので、今年も頑張りたいです。また、二年間お世話になった三年生の先輩に感謝の気持ちで有志の贈り物を発表したいです。 二年A組T.M

マラソン大会 ~メダル&記念Tシャツ~

11月19日に実施された大宮武蔵野高校と合同のマラソン大会で、

男子2位という好成績を残した3年生のTくんに、賞状、メダル、記念Tシャツが贈られました!

賞状とメダルは3位まで、記念Tシャツは10位までの生徒のみ贈られるものです。

改めて、Tくんよく頑張りました!!おめでとうございます♪

2学期終業式

2学期終業式です。

生徒のピアノ伴奏が生徒ホールに響くなか、久しぶりの校歌斉唱にはじまり、

「夏・秋・冬の3つの季節をまたぐ長い2学期」、「人を好きになることは素晴らしいこと」の校長先生のお話がありました。

 

代表生徒の言葉

 私が、二学期一番頑張ったことは、学部職業です。手工芸班でお弁当袋を作るのを頑張りました。いろいろな柄を選んで型取りをして裁ちばさみで布を切ってミシンで布をぬうところも頑張りました。

 行事では、マラソン大会を頑張りました。理由は、みんなと一緒に頑張って走りきれたからです。

 私が二学期一番楽しかったことは、一年生のみんなと一緒に授業をしたりお話をしたことです。いろんなことを話したりしてとても楽しかったです。授業では、いろんな意見を出しあっていろんなことを学んでとても楽しかったです。

 私が、三学期に頑張りたいことは、学部職業です。手工芸班で、先生の話をしっかりと聞くことを頑張りたいです。手順書をよく見て行動できるように頑張りたいです。

 また三学期も友達とたくさんお話することを楽しみにしています。 1年A組K.S

 

終業式の後は、マラソン大会や各種検定等の表彰があり、多くの生徒の呼名がありました。

2学期も生徒たちの頑張りや活躍の場面をたくさん見ることができました。